仕事観

こんにちは。2009年も今日を合わせてあと4日となりました。と書くと2009年はどういう一年だったのだろう…と思わず振返ってしまったりと感慨深かったりしますが、今日は月曜日で大晦日は木曜日で元旦は金曜日です、と書くと年末年始のイベントがこの一週間で収まっているのかぁ…と、いつもと変わらない感覚で感じてしまう所がなんと人間は適当な生き物なのだろう、と感じてしまいます。そして、当サイトにいつも訪れて頂きありがとう御座います。

わたしの住む京都ではαステーションというFMラジオ放送があるのですが今日そのFM局の番組の中で「今の仕事観を漢字一文字で表すと」というアンケート記事の話題が取り上げられていました。

インターネットで検索してみるとYOMIURI ONLINEさんで記事を見つけることが出来ました。因にアンケート対象は22〜39歳の正社員の男女の方々が対象だそうです。

YOMIURI ONLINE-仕事観、漢字にすると「楽」「忍」「耐」上位に

記事のタイトルから分かる様に楽、忍、耐を始めとした漢字が並んでおり、総合と男性、女性のランキングに分かれているのですが、面白い事に男女の一位から五位までは順位の入れ替わりはあるものの楽、忍、耐、苦、生という同じ漢字が並んでいます。

男性のランキングを見ていると一位から順に忍、耐、楽、苦、生となっています。三位に楽、四位に生があるものの、それ以外は回答された方々の解釈が分かれる所ではありますが漢字だけを見る限りでは決して明るい印象はありません。

さらに一位と二位を合わせて読むと「忍耐」となるではありませんか。忍んで耐える…何と世知辛い様でしょう。

その一方で女性のランキングは一位から楽、忍、耐、生、苦となっています。見て理解頂ける通り一位が「楽」です。二位と三位に忍、耐、が来ているものの一位に楽があるのはとても印象的です。

っで、ここまで書いておいて何が言いたいのだ??と感じられてられる方もおられるかもしれません。わたしが今回の記事が気になった理由はこのアンケート対象である22〜39歳の正社員の男女の方々がどう生きているのかが見えてくるからです。

アンケート対象になっている方々は若手と呼ばれる年齢の方々ですが、これからの日本を支えて行く方々でもあります。その方々が日々の最低でも1/3の時間を過ごすことになる仕事をどの様に感じ、どの様なあり方で生きているのかは私達が住むこの場所にとても大きな影響を与えることになります。

そして、アンケート対象である22〜39歳よりもさらに上の年齢層の方々が仕事場においてどの様な「場」を創っているのかも見えて来ます。

つまり、22〜39歳の正社員の男性の方々にとって仕事の場は忍、耐…この様な場から多くの人々を感動させる製品やサービスが創造されて行くのでしょうか??

その一方で印象的で面白いのは女性ランキングの一位が「楽」だということです。近年は女性の勢いの素晴らしさを感じさせる事が非常に多いのですが、その様子がこのアンケートにも現れていると感じました。

今回のアンケート結果は一時点で観測されたものに過ぎません。今回の元記事が既に12/4のものである様に既に過去の出来事です。過去は自身に様々な観点を与える振返りとして利用し、利用したあとは手放すことにしましょう。

ここより先の瞬間瞬間はこれを読んで下さっているあなたが創って行く未来なのですから。

最後に男女を合わせた総合ランキングでの一位は「楽」でした。日々楽しい場を創って行く。楽しい場は体も活発になりますのでとても大切です。

最後までお読み下さった事に心から感謝致します。

+.k代表者 賀川和之

お金を通して見えて来ること

こんにちは。皆さんいかがお過ごしでしょうか??今年の冬至は12/22でしたのでこれからは日照時間が日に日に伸びて行き春が訪れるわけですね。そして、当サイトにいつも訪れて頂きありがとう御座います。

今日はここ最近で気になった事がありますので、その事を持出してみたいと思います。

皆さん「お金」と聞くとどの様な印象を持ってられるでしょうか??日々の生活、月々の支払い、口に出す事が憚れるモノ、沢山持ってはいけないモノ、沢山持ちたいモノ、食費、キラビやかなモノ、人を助けるモノ、政治献金、汚職、募金、事業資金、貯蓄、etc…

皆さんそれぞれこれまでの経験からお金に対して様々な印象を持ってられると思われます。そして、お金はわたし達が暮らす資本主義の地域では日々お金が動いている場面を目にします。

例えば今わたしがこの文章を打っているパソコンも電源が無ければ動作させる事は出来ませんので電源から電気を供給し動作させています。当然動作させている以上電気を消費しているのですから毎舜毎舜電気代が発生しています。つまり、わたしはこの瞬間も電力会社に電気料金を支払っているわけです(厳密には月末払いですが)。

出て行くお話だけでは何ですから入って来るお話もしてみましょう。入って来るお金の代表といえば「給料」です。皆さん様々なスタイルでお仕事をされていると思われますので月給で受取られている方もおられれば時給の方もおられるでしょうし、ギャラという形で受取ってられる方などなど様々な方々がおられると思います。

そして、その給料は拘束時間に対して支払われているものであったり、能力に対して支払われているものであったり、サービスやモノに対して支払われていたり様々だと思われます。

給料やギャラを受け取るのですから当然仕事から成果を産み出した結果として給料やギャラなどその表し方はどうであれ「お金」を受取るわけです。

さて、仕事から成果を産み出す為にあなたはどの様な事をしているのでしょう??その内容はルーチンワークをこなしておられる方から知的生産をこなされている方など様々に分かれて行くかも知れません。

ただ一つだけ全ての事に共通しているものがあります。それは「命」です。

唐突に命と聞いて意味が分からない、と思われた方がおられるかも知れません。ですが、現実にわたしも含めて皆さんは命を使って何かをしているのです。命が無ければわたしのこの文章を読む事も出来ないでしょう。当然ながら命が無ければ仕事も出来ません。

そして、わたし達は命を使ってお金を得ています。つまり毎舜毎舜命を使っているからこそ生きているのですし、生きて活動する事で仕事をこなしお金を得ているわけです。

では、これを違う立ち位置から、例えば雇用する側の立ち位置から見てみましょう。雇用する側から見てみると仕事をこなして頂き、そこから産み出される成果に対して給料、つまりお金を支払っています。

仕事をこなして成果を産み出すには先程から何度も繰り返し説明している様に生きて活動する必要があります。そして、生きて活動するからには「命」を使っているのです。つまり、給料とは「命に値札を貼っている」と表す事も出来るのです。

1時間800円の方もおられれば、一ヶ月に1日8時間労働で20日間働き月給15万円の方もおられるかもしれません。ギャラで受取られている方は簡単には割り切れないかも知れません。

もしかするとこの説明から不快感を持たれた方がおられるかも知れません。ですが、ここで書いている事は現実の世界で起こっている事です。

この観点から見えて来ることがあります。わたし達は日々この世界に存在する命が日々仕事などを通して使われている事に対してどの様なあり方で接しているでしょうか??

さらにもう一つの観点もあります。わたし達は毎舜毎舜自身の命をどう使って行くのかという事です。そして、他にも沢山の観点があります。

さて、ここで書いた事は一つの観点に過ぎません。立ち位置が変わればまた見え方が変化します。そして、何よりここで皆さんにお伝えしたい事はお金は単なる「道具」に過ぎないということです。皆さんが日々生きるという活動をする上でモノやサービスと交換する為のあくまでも「道具」です。

釘を打ち付ける為にトンカチという道具が必要な様に、料理の材料を作りたい料理に見合う状態に加工する為に包丁という道具が必要な様に、お金はわたし達が生きて行く上で必要な道具です。

しかし、トンカチも包丁も使う方法を誤れば、もしくは違う使い方をすれば、人を傷つけたり、人を殺めたりする事が出来ます。それは道具である以上お金も同じです。

あなたはお金をご自身やご家族、ご友人など身の回りの方々などが幸福に活きて行く為に活用しますか??それとも正反対の事に使いますか??

そして、お金を得る事が出来る命をあなたはどう使われますか??あなたも含めた周りの方々の幸福の為に??それとも正反対の為に??

それはあなた次第です。

お金に関しては以前にも弊事業のセッション料金の説明として今回とは違う立ち位置から取上げています。宜しければそちらも合わせてお読み下されば光栄です。

セッションの料金について

最後までお読み下さった事に心から感謝致します。

+.k代表者 賀川和之

「コーチング」のページを整理及び加筆致しました。

いつも当サイトに訪れて頂きありがとう御座います。師走になりましたね。今日の京都は雨が降っていますが天気予報を確認しますと全国的に雨の様子。

ロシアでは過去最高の暖冬で毎年この時期はマイナス4度であるはずの気温が現時点で8度。動物園の熊が冬眠出来ずイライラとストレスを溜め、植物園ではこの時期に咲くはずの無い花々が咲乱れているそうです。

例年であれば京都もこの時期ストーブが無ければ辛い時期なのですが未だにストーブを滅多に点ける事がありません。これらの詳しい背景はわたくしには分かりませんが本当にエコ活動は明日からでは間に合わないのかもしれません。

さらにこの気温の変化に皆さま体調を崩されない様何卒日々ご自愛下さい。

さて、今日は「コーチング」のページを整理及び加筆した事をお知らせする為に記事を書きました。これまでよりもよりコーチングの背景をご理解頂ける文章を目指しました。

この文章を通して少しでもコーチングをご理解頂け、日々の皆さまの生活に活かして頂けましたらわたくしにとってもコーチングに関わる方々にとってもとても光栄なことです。

●コーチング

さらに深い説明を必要とされている方は12/28まで説明会を無料でおこなっておりますのでご遠慮なくご利用下さい。

●コーチングの説明を受けられたい方へ

最後までお読み下さった事に感謝致します。それでは引続き宜しくお願い致します。

個人事業+.k(プラスドットケイ)代表者 賀川和之