はじめての方へ

夢を実現したい

プロジェクトを成功したい

自分を好きになりたい

思い通りに生きたい

家族やパートナーを大切にしたい

わたし達はこれまで生きて来た時間の中で様々な体験をしています。体験は経験や知識として培われ、日々わたし達が気が付かないうちに、無意識に積み重ねられて行きます。

そして、これまで積み上げられて来た経験や知識は、多くにおいてはあなたを助けます。しかし、その反面これらが思い込みとなり「不安」「心配」「恐れ」など、感情の反応を引き起こし、わたし達の手や行動を止めてしまう事もありますし、その場に適切で無い、感情に偏った行動を引き出してしまう事もあります。これは日常生活においてもスポーツ、仕事、趣味においても人間が関わる以上、常にその可能性を秘めています。

近年私達の周りでは、将来にどの様な結果が、現れるのか分からない為に、実績や実例が無い限り、新しい事柄に積極的に取り組まなくなって来ています。チャレンジな行動が起きない、その背景は過去の様々な経験や知識から、失敗に対する「不安」「恐怖」など、感情の反応に偏った判断が行われている事がある為です。

突然ですが、幼い頃の話しをさせて下さい。自転車に乗る練習をしていた頃の事です。補助輪を外した状態で乗るのが怖く、よく父親に自転車を支えて貰いながら、自転車の練習をしていました。ある時、父親にいつもの様に支えて貰いながら自転車の練習をしていると、調子良くフラつかず真っすぐに運転出来ている事があったのです。

思わず父親に「自転車離さんといてや!!」と叫びながら、必死に自転車を運転していました。フッとその時、かなり後の方から父親の声がしたのです。「お前ちゃんと乗れてるやん!!」声の方向に振返ると、何と父親は自転車を支えてくれておらず、その姿はかなり離れていたのです。「へっっ!?」その事に気が付いた途端、自転車はフラつきだし、ものの見事に大転け…膝を擦りむきました。

その時、何が起こったのか。どうやら自分自身、気が付かないうちに「誰かの支えが無いと、自転車に乗る事は出来ない」と、思い込んでいた様なのです。でも、実際には父親の声を聞くまでは、しっかりと乗れていたのです。

この出来事から、現実には支えなど無くとも、自転車に乗れたことが伺いしれます。しかし、父親の冗談の様な一言が窮地に陥れます。「支えが無いと乗れない」と思い込んでいるものですから、問題無く自分自身と自転車の間で、見事に望み通りバランスが図られて乗れていたにも関わらず、支えが無い事を「知った」途端に、自分の中に「不安」や「恐怖」が沸き起こり、いきなり乗れなくなったのです。

膝が擦り傷だらけになり、半べそをかきながら父親に恨み言を言ってはいましたが、気持ちが落ち着いてからは、少なくとも数十mは、支えが無くとも自転車に乗れるのだと証明する切っ掛けを、父親がくれたのだと気が付いたのです。擦り傷というオマケは付きましたが、その事に気が付いてからの上達は、かなり早いものでした。

この出来事を裏返せば、過去の経験や知識によって、無意識に培った思い込みから沸き起こる「不安」「心配」「恐れ」などに囚われる事無く、「ただ行動してみる」が出来れば、どの様な事でも実現する事が出来るのです。

弊事業は意識している時であれ、無意識な時であれ、人は現実に起こっている(もしくは存在しているモノや)事柄や自分自身と毎舜毎舜コミュニケーションを取っていると捉えてます。嬉しい事があれば喜び、望まぬ事があれば不安や悲しみ、焦りや怒り、恐怖などを感じます。

毎瞬毎瞬沸き起こる様々な反応・感情は、良くも悪くも現実にバイタリティーが回ったり、もしくは行動を起こせない等といった、様々な影響を産み出し続けているのです。

弊事業では全てにおいて、コミュニケーションをデザインし、個人の才能を、ご本人自ら伸ばして行く事が出来る、場創りを提供しています。

教える(ティーチング)をメインとしたトップダウンでは無く、あくまであなたへの力付けや支えを柱として「人が本来から持合わせている力をかろやかに引き出せる場」を提供し、人々が感情や反応に囚われる事なく活き活きと分別し日々の成長が実現される場を創ります。

人は他人をコントロールする事は出来ませんし、される事を嫌います。他人はあなたに指示や命令をする事は本来出来ないのです。当然ながらあなたも他人に指示や命令をする事は本来出来ません。人が他人に出来る事は「依頼」と「触発」です。そして、あなたに行動を促せるのは、唯一「あなた自身」ということになります。

これを言い換えれば人生において物事はあなた次第なのです。つまり、今、あなたに起こっている事は、あなたがこれまでに行って来た、あらゆる選択の結果として、今ここで起こっているのです。

そして、弊事業は日常の中で行った選択の結果として、プレイヤーの方々(セッションを受ける方々)にどの様なことが起こっても、それを分別し、選択し、行動するセンスを自ら体得して貰える場を提供します。

その結果として「セッションを通してプレイヤーの方々を力付け、支え、その結果としてプレイヤーの方々の成長と、その先に創られる幸福を実現する」ことが弊事業の使命なのです。

提供する内容について

+.kでは「夢を実現する」「プロジェクトを成功する」「自分を好きになりたい」「思い通りに生きる」「家族やパートナーを大切にしたい」などを実現するために次の内容を提供しています。

グルーヴセッション

どの様な方でも分け隔てなく何でもこなせる能力を持ち合せています。物事が出来ない事があるのは、ただ単にその事に必要な能力を引き出せていないだけなのです。グルーヴセッションではコミュニケーションを通して指示や命令ではなく自らセルフモニタリングを行ない、ご自身とのコミュニケーションを行ないます。そして、自ら現実の中で様々な行動を試しながら、あらゆるご自身の可能性に気付き、本来から持つ能力をごく自然に自ら引出して行きながら、どんな夢やプロジェクトでも実現する場を提供します。

クリエイティブディレクター

ご自身や関わる組織のプロジェクトを行動に移す際、一番良く起こることはこれまでの経験や知識から沸き起こる「思い込み」や「不安」を通して進行が中断されたり、解決の可能性を見失ったり、目的自体が変質することです。そこであなたや組織の周囲の観察から現実をニュートラルに取扱うことで「本来から持ち合せている質から価値を見出して行く」会話を中心に据え置き方向性を明確化して行くことでプロジェクトを実現する場を提供します。(方向性自体が定まっていない場合、まずはグルーヴセッションを受けてみられることをお薦めしています。)

■デザイン

デザインとは見た目のカタチを表しているのではありません。デザインは存在そのものと表すことが出来ます。言い換えればあなたの人間性もデザインと表すことが出来るのです。ここではご自身や組織が既に持ち合せている「自らの価値を表現し、届けたい人々に届ける」ために必要な会話を中心に据え、その実現の場を提供します。デザインの実作業などはその後に提供しています。(方向性自体が定まっていない場合、まずはグルーヴセッションを受けてみられることをお薦めしています。)

+.k(プラスドットケイ)はこれらの提供を通して皆さんが「幸福」のために存在し、活きる事が出来る世界を創り出します。

これから多くの皆さまの可能性と出会えることを心から楽しみにしています。最後までお読み下さったことに心から感謝致します。

個人事業+.k(プラスドットケイ)代表 賀川和之

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。