仕事観

こんにちは。2009年も今日を合わせてあと4日となりました。と書くと2009年はどういう一年だったのだろう…と思わず振返ってしまったりと感慨深かったりしますが、今日は月曜日で大晦日は木曜日で元旦は金曜日です、と書くと年末年始のイベントがこの一週間で収まっているのかぁ…と、いつもと変わらない感覚で感じてしまう所がなんと人間は適当な生き物なのだろう、と感じてしまいます。そして、当サイトにいつも訪れて頂きありがとう御座います。

わたしの住む京都ではαステーションというFMラジオ放送があるのですが今日そのFM局の番組の中で「今の仕事観を漢字一文字で表すと」というアンケート記事の話題が取り上げられていました。

インターネットで検索してみるとYOMIURI ONLINEさんで記事を見つけることが出来ました。因にアンケート対象は22〜39歳の正社員の男女の方々が対象だそうです。

YOMIURI ONLINE-仕事観、漢字にすると「楽」「忍」「耐」上位に

記事のタイトルから分かる様に楽、忍、耐を始めとした漢字が並んでおり、総合と男性、女性のランキングに分かれているのですが、面白い事に男女の一位から五位までは順位の入れ替わりはあるものの楽、忍、耐、苦、生という同じ漢字が並んでいます。

男性のランキングを見ていると一位から順に忍、耐、楽、苦、生となっています。三位に楽、四位に生があるものの、それ以外は回答された方々の解釈が分かれる所ではありますが漢字だけを見る限りでは決して明るい印象はありません。

さらに一位と二位を合わせて読むと「忍耐」となるではありませんか。忍んで耐える…何と世知辛い様でしょう。

その一方で女性のランキングは一位から楽、忍、耐、生、苦となっています。見て理解頂ける通り一位が「楽」です。二位と三位に忍、耐、が来ているものの一位に楽があるのはとても印象的です。

っで、ここまで書いておいて何が言いたいのだ??と感じられてられる方もおられるかもしれません。わたしが今回の記事が気になった理由はこのアンケート対象である22〜39歳の正社員の男女の方々がどう生きているのかが見えてくるからです。

アンケート対象になっている方々は若手と呼ばれる年齢の方々ですが、これからの日本を支えて行く方々でもあります。その方々が日々の最低でも1/3の時間を過ごすことになる仕事をどの様に感じ、どの様なあり方で生きているのかは私達が住むこの場所にとても大きな影響を与えることになります。

そして、アンケート対象である22〜39歳よりもさらに上の年齢層の方々が仕事場においてどの様な「場」を創っているのかも見えて来ます。

つまり、22〜39歳の正社員の男性の方々にとって仕事の場は忍、耐…この様な場から多くの人々を感動させる製品やサービスが創造されて行くのでしょうか??

その一方で印象的で面白いのは女性ランキングの一位が「楽」だということです。近年は女性の勢いの素晴らしさを感じさせる事が非常に多いのですが、その様子がこのアンケートにも現れていると感じました。

今回のアンケート結果は一時点で観測されたものに過ぎません。今回の元記事が既に12/4のものである様に既に過去の出来事です。過去は自身に様々な観点を与える振返りとして利用し、利用したあとは手放すことにしましょう。

ここより先の瞬間瞬間はこれを読んで下さっているあなたが創って行く未来なのですから。

最後に男女を合わせた総合ランキングでの一位は「楽」でした。日々楽しい場を創って行く。楽しい場は体も活発になりますのでとても大切です。

最後までお読み下さった事に心から感謝致します。

+.k代表者 賀川和之

広告

お金を通して見えて来ること

こんにちは。皆さんいかがお過ごしでしょうか??今年の冬至は12/22でしたのでこれからは日照時間が日に日に伸びて行き春が訪れるわけですね。そして、当サイトにいつも訪れて頂きありがとう御座います。

今日はここ最近で気になった事がありますので、その事を持出してみたいと思います。

皆さん「お金」と聞くとどの様な印象を持ってられるでしょうか??日々の生活、月々の支払い、口に出す事が憚れるモノ、沢山持ってはいけないモノ、沢山持ちたいモノ、食費、キラビやかなモノ、人を助けるモノ、政治献金、汚職、募金、事業資金、貯蓄、etc…

皆さんそれぞれこれまでの経験からお金に対して様々な印象を持ってられると思われます。そして、お金はわたし達が暮らす資本主義の地域では日々お金が動いている場面を目にします。

例えば今わたしがこの文章を打っているパソコンも電源が無ければ動作させる事は出来ませんので電源から電気を供給し動作させています。当然動作させている以上電気を消費しているのですから毎舜毎舜電気代が発生しています。つまり、わたしはこの瞬間も電力会社に電気料金を支払っているわけです(厳密には月末払いですが)。

出て行くお話だけでは何ですから入って来るお話もしてみましょう。入って来るお金の代表といえば「給料」です。皆さん様々なスタイルでお仕事をされていると思われますので月給で受取られている方もおられれば時給の方もおられるでしょうし、ギャラという形で受取ってられる方などなど様々な方々がおられると思います。

そして、その給料は拘束時間に対して支払われているものであったり、能力に対して支払われているものであったり、サービスやモノに対して支払われていたり様々だと思われます。

給料やギャラを受け取るのですから当然仕事から成果を産み出した結果として給料やギャラなどその表し方はどうであれ「お金」を受取るわけです。

さて、仕事から成果を産み出す為にあなたはどの様な事をしているのでしょう??その内容はルーチンワークをこなしておられる方から知的生産をこなされている方など様々に分かれて行くかも知れません。

ただ一つだけ全ての事に共通しているものがあります。それは「命」です。

唐突に命と聞いて意味が分からない、と思われた方がおられるかも知れません。ですが、現実にわたしも含めて皆さんは命を使って何かをしているのです。命が無ければわたしのこの文章を読む事も出来ないでしょう。当然ながら命が無ければ仕事も出来ません。

そして、わたし達は命を使ってお金を得ています。つまり毎舜毎舜命を使っているからこそ生きているのですし、生きて活動する事で仕事をこなしお金を得ているわけです。

では、これを違う立ち位置から、例えば雇用する側の立ち位置から見てみましょう。雇用する側から見てみると仕事をこなして頂き、そこから産み出される成果に対して給料、つまりお金を支払っています。

仕事をこなして成果を産み出すには先程から何度も繰り返し説明している様に生きて活動する必要があります。そして、生きて活動するからには「命」を使っているのです。つまり、給料とは「命に値札を貼っている」と表す事も出来るのです。

1時間800円の方もおられれば、一ヶ月に1日8時間労働で20日間働き月給15万円の方もおられるかもしれません。ギャラで受取られている方は簡単には割り切れないかも知れません。

もしかするとこの説明から不快感を持たれた方がおられるかも知れません。ですが、ここで書いている事は現実の世界で起こっている事です。

この観点から見えて来ることがあります。わたし達は日々この世界に存在する命が日々仕事などを通して使われている事に対してどの様なあり方で接しているでしょうか??

さらにもう一つの観点もあります。わたし達は毎舜毎舜自身の命をどう使って行くのかという事です。そして、他にも沢山の観点があります。

さて、ここで書いた事は一つの観点に過ぎません。立ち位置が変わればまた見え方が変化します。そして、何よりここで皆さんにお伝えしたい事はお金は単なる「道具」に過ぎないということです。皆さんが日々生きるという活動をする上でモノやサービスと交換する為のあくまでも「道具」です。

釘を打ち付ける為にトンカチという道具が必要な様に、料理の材料を作りたい料理に見合う状態に加工する為に包丁という道具が必要な様に、お金はわたし達が生きて行く上で必要な道具です。

しかし、トンカチも包丁も使う方法を誤れば、もしくは違う使い方をすれば、人を傷つけたり、人を殺めたりする事が出来ます。それは道具である以上お金も同じです。

あなたはお金をご自身やご家族、ご友人など身の回りの方々などが幸福に活きて行く為に活用しますか??それとも正反対の事に使いますか??

そして、お金を得る事が出来る命をあなたはどう使われますか??あなたも含めた周りの方々の幸福の為に??それとも正反対の為に??

それはあなた次第です。

お金に関しては以前にも弊事業のセッション料金の説明として今回とは違う立ち位置から取上げています。宜しければそちらも合わせてお読み下されば光栄です。

セッションの料金について

最後までお読み下さった事に心から感謝致します。

+.k代表者 賀川和之

セッションの料金について

皆さん、こんにちは。すっかり秋らしくなって来ましたが如何お過ごしでしょうか??気温の変化などで体調を崩される方もおられるかもしれません何卒日々ご自愛下さい。

さて、弊事業の提供していますセッションの料金についてご案内したく今日は記事を書かせて頂いてます。

セッション料金のご案内」でも記載させて頂いてますが弊事業では初めてセッションを受けられる方、弊事業のセッションの感触を一度確認してみたい方に向けた「体験セッション」と定期的にセッションを行ない成果を産み出して行く「個人セッション」の二つを提供しており価格については下記の通りとなっております。

(下記セッション料は旧料金です。10.11.05現在、セッション料は大幅に改定されています。詳しくはこちら[クリック出来ます]をご参照下さい)

■体験セッション(お一人様1回のみご利用頂けます)

○一般

  • 30分セッション オリエンテーリング15分+セッション30分 ¥3150
  • 60分セッション オリエンテーリング15分+セッション60分 ¥6300
  •  

    ○特割(学生の方や現在特定の収入を得られていない方)

    学生の方でも定期的に特定の収入があり月収25万を越える方は一般料金になります。

  • 30分セッション オリエンテーリング15分+セッション30分 ¥1575
  • 60分セッション オリエンテーリング15分+セッション60分 ¥3150
  •  

    ■個人セッション

    ○一般

  • 1回 30分  ¥5250 1ヶ月2回から4回の場合 ¥10500〜¥21000
  • 1回 60分 ¥10500 1ヶ月2回から4回の場合 ¥21000〜¥42000
  •  

    ○特割(学生の方や現在特定の収入を得られていない方)

    学生の方でも定期的に特定の収入があり月収25万を越える方は一般料金になります。

  • 1回 30分  ¥2625 1ヶ月2回から4回の場合   ¥5250〜¥10500
  • 1回 60分   ¥5250 1ヶ月2回から4回の場合 ¥10500〜¥21000
  • 詳細な案内はこちらをご参照下さい

    上記の通り学生の方に向けた料金以外は決して安いとは言えません。まずこの料金には明確な背景がありまして、決して「取れるだけ取ってやろう」といった意図で設定しているのではありません。セッションを受けられるプレイヤー(クライアント)の方々に届けたい背景がしっかりとあるのです。

    その説明として「価値」についてのお話をします。まず、現代において何かの価値を味わうにはいくつかの要素がありますが、その要素の中で最も知られているのは現代の経済活動の中心の存在である「お金」です。

    多くの人々はお金、つまり取引や商品につけられた「価格」を通して価値を味わっています。その最先端として知られているものに価格戦略というジャンルが存在するほど価格は現代において各社製品のブランド力を左右するほど重要なものです。

    では、人が物事から価値を味わう為に価格がどの様に機能しているのでしょうか?

    例えば大変有名なブランドのバッグがあったとしましょう。その価格は一般的には30万円ほどの価格がつけられていたとします。しかし、その一方でどこかのディスカウントショップが同じバッグを一体どこから仕入れたのか、極端な事に5万円で売っていたとしましょう。

    皆さんはこの二つのバッグの内どちらのバッグが大切にされると思われますか?

    多くの場合において(購入した方のバッグに対する思入れの影響はありますが)30万円で購入されたバッグの方が大切に扱われ、そのバッグの価値をしっかりと味わいながら使って行かれる事になるでしょう。

    その一方で極端な価格で売られていた5万円のバッグは(価格自体は決して安くはありませんが)多くの場合において30万円で購入されたバッグよりも大切に扱われる事はありません。

    これは人から贈物を頂いた時にもっと分かりやすく現れます。贈物を頂いた際、頂いた当人がそれを気に入らない場合は頂いた当人にとっては「価値が無い」、そして、贈った方にとっては「目的が達成出来ない」という状況になります。

    これらが起こっている背景には一体何があるのでしょうか?

    贈物の場合、そのモノの価値を味わうには、その価格を知る、実際に利用するなどして、そのモノ自体から価値を味わったり、送り主が贈物に込めた背景や想いを知るなどして送り主のあり方から価値を味わう事になります(よく「お気持ちだけで十分です」などと言いますね)。その上で当人が必要とするモノであれば、当人にとって贈物に価値が生まれる訳です。

    つまり「価値」とは自らモノやサービスが持ち合わせる「質」を味わう行為であり、人それぞれにその受取る「感覚」=「価値」は異なります。そして、価値をしっかりと味わう為に一番重要なのは「自ら立場を取り関わって行く」=「自分事」にする事なのです。

    そして、自分事とする事に最も機能するのはモノやサービスの価格に対して自ら相応の「対価を支払う」、つまり価値(モノやサービス)と価値(お金)を交換することなのです。

    先程の30万円のバッグを30万円で購入された方は30万円の価値を味わう事が出来ますが、30万円のバッグを5万円で購入された方は、30万円のバッグから5万円分の価値しか味わえないという事になるのです。

    話はズレますが、これらの話を通して現代の様に価格競争が激化したその裏側でモノやサービスの価値そのものがおかしくなり始めている事も伺い知ることが出来ます。

    「価格が安い」こと自体がモノやサービスの価値となってしまうことで、世の中に流通するお金の量が従来の量と比較して減る事になります。そして、お金の流通量が減り、その一方でモノやサービスの流通量がお金と比較して多くなる事で「お金の価値」が高くなってしまいます。つまり、デフレになるのです。

    価格が安い事が悪いことなのではありません。技術革新などが起る事で実現される低価格化は歓迎されるものです。しかし、技術革新などの様な「具体的な背景」を持っていない場合は望ましくないことが起こるかもしれません。

    こういった状況で失われて行くものは膨大です。モノやサービスの価値が本来よりも低く扱われているのですから、まず消費者はモノやサービスの「本来の価値」を知り、味わい、体験する機会を失います。さらに過剰な競争が起る事で提供する側が撤退し、消えて行く事で消費者がモノやサービスを得る場そのものを失う事もあるでしょう。

    そして、モノやサービスの価格が「本来の価値よりも低く扱われる」市場では提供者は自らが創り出した価値を味わう機会を失う事にもなります(言い換えれば価格戦略は自ら創り出した本来の価値を見極め、伝える行為ともいえるでしょう)。

    さらに過剰なまでの低価格競争に巻き込まれる事で得る対価(収入)自体が減るのですから場合によってはモノやサービスを安全に提供する為に必要な設備を失ったり、時には生活基盤を失う事にもなりかねません。

    人々の手元にお金が届かない状況が産み出された世界では、今度はモノやサービスを得たくても支払うお金が手元に無いという状況を創り出す事になるのです。

    価値を適切に扱わない事で、これだけの多くの望まれない影響を創り出して行きます。そこで起こっている事は単純な事なのです。価値を味わう機会を持つ事が出来ていない、つまり、人々が「価値と適切にコミュニケーションすることが出来ていない」只それだけなのかもしれません。

    話を戻します。ごく一部分ではありますが価値がさまざまな影響を生み出している様子を知って頂けたでしょうか。お金は本来皆さんが成長や幸福になる場を実現する為に利用する道具であり、それ以外の何物でもありません。

    そして、弊事業は価値(モノやサービス)と価値(お金)を交換することでプレイヤーの方に対してセッションを受ける事に立場を取り、自らセッションの場を通して成長する「自身のあり方を創りだす導入部」としてセッション料金を利用しています。つまり、既に料金をお支払い頂く行為そのものがセッションで自らの成長を実現するプロセスの一部として機能しているのです。

    ですので、弊事業のセッションではプレイヤー(クライアント)の方は支払った対価の分の成果を現して行かれます。1時間のセッションに一万円を支払ったプレイヤーは確実に一万円分もしくはそれ以上の成果を持ち帰られるのです。

    この様に弊事業の料金設定の背景にはこういったものがあるのです。

    【セッション料金のご相談について】

    弊事業が提示している価格がどの様にセッションに影響があるのかを説明しました。ですが、モノやサービスの価値をしっかりと味わわれていても現在の様な経済不況の中では実際に料金を支払って行くことに不安を感じている方々や生活を支える為にも支払い可能な料金に限度がある方々がおられると感じています。

    そして、それは弊事業のセッションに対しても同じ様にセッションを受けたいと思われていてもお支払いに不安を感じられている方々がおられると感じています。

    そこで弊事業は月収25万円をボーダーラインにし、月収がそれを下回る方々に対しては個別にセッション料金のご相談に応じる事に致しました(月収25万円を上回る方でも生活費に厳しい方はご相談下さい)。

    その一方で学生の方でも特定の収入があり月収25万を越える方はセッションにおいて対価が立場を取る事に機能する事を意図し、一般の方と同じ料金に設定させて頂きます。何卒ご理解をお願い致します。

    弊事業は利益を得る事を最優先にはしておりません。あくまでプレイヤー(クライアント)の方々を力付け、支え、その結果としてプレイヤーの成長と幸福が実現される事を最優先としております。

    弊事業のセッションを検討しているにも関わらず料金に関して躊躇されている方はご遠慮なくお申込・ご相談メールフォームよりご相談下さい。弊事業の出来うる限りの範囲で個別にご相談に乗らせて頂きます。

    お申込・ご相談メールフォーム

    各セッション料およびその詳細な案内はこちらをご参照下さい

    追記 10.11.06
    この記事で扱っているセッション料は旧料金を元にして書かれています。現在はプレイヤーの方々の経済状況に合わせたセッション料となっていますので、多くにおいてご相談頂かなくても良い状態になっています。現在のセッション料はこちらになります(クリック出来ます)。

    以上長文となりましたが最後までお読み下さった事に心から感謝致します。